港屋珈琲のことページトップ画像

港屋珈琲とは

珈琲が初めて伝来したのは、641年(寛永18年)の長崎港。
そして今も各港に届けられた珈琲が日本人の毎日を豊かにしてくれています。
港は様々な場所から、品物や技術・文化が最初に出会い、
渡航してきた人たちが長旅を終え、安らぎの時間を過ごす場所です。
海を越えた様々な場所から厳選されたものや人が集まり、
ホッと一息つける安らぎを与えてくれる場所でありたい、
そんな思いで「港屋珈琲」と名付けました。

「港屋珈琲」の有機オリジナル焙煎珈琲は最高級の有機栽培珈琲豆を
港屋指定工場でオリジナルの焙煎をかけて丁寧にドリップしております。
私たち日本人に合うように、酸味を抑えとてもすっきりとした
雑味のない口当たりが特徴です。
また、焼きたて・手作りにこだわり、安心・安全・健康を考えた商品を
取りそろえております。

レンガ倉庫をモチーフとしたモダンなどこか懐かしさを感じる落ち着いた空間で、
珈琲とお食事・デザートを楽しんで頂き、安らぎの時間を過ごして
頂きたいと思い運営しております。

港屋珈琲の特徴1 “珈琲”

有機栽培焙煎珈琲港屋珈琲の想い

港屋珈琲の有機栽培珈琲は
幅広いお客様に満足して頂く為。厳選された最高級の有機栽培豆を港屋珈琲指定工場で
焙煎してお店に納入し・ご注文頂いてから丁寧にドリップしてご提供させて頂いております。

港屋珈琲の特徴1画像

港屋珈琲の特徴2 “MENU”

珈琲にあう焼きたて・手作りにこだわったオリジナル商品

港屋珈琲メニュー画像

港屋珈琲の特徴3 “プライベートブランド製造部門”

こだわりのある高品質な商品を
お客様にご提供するためバウムクーヘンは自社で製造しております。
三重県庁みえフードイノベーション課と共同開発して、現在三重県のお土産として多くの方に
愛される商品となっています。

  • プライベートブランド製造部門左
  • プライベートブランド製造部門右

港屋珈琲の特徴4 “空間”

都心のホテルのロビーのような質と公共性のある空間

  • 空間右
  • 空間左